XF-104 STARFIGHTER(スターファイター)

ハセガワ 1/72

XF-104 STARFIGHTER(スターファイター)前

XF-104です。もちろん、F-104の試作型です。量産機に比べるとショックコーンがない、胴体長が短い、エンジン径が細いので後部胴体が細いなどの違いがあります。

XF-104 STARFIGHTER(スターファイター)後ろ

ハセガワのキットを使用しました。後部胴体(ちょうど赤い警戒ラインがあるあたり)と前部胴体を詰めてスジはほぼ全面彫りなおし。エアインテイクはキットのモノを利用し製作しています。ハセのキットなのでG型。垂直尾翼の翼面積が広いのでこれをA~C型に準じるよう切りつめます。工作そのものはそんなに大変じゃないのですが、面一にするのに凄く時間食いました。それでもナーバスな銀塗装ですからかなり荒れてます。反省。
銀はGSIクレオスのスーパーメタリック。¥600するだけあって吹き付けるだけでかなりの輝きを得られます。クリア吹いてもさして気になりません。映りこみ具合、1/72だと十分じゃないでしょうか。

XF-104 STARFIGHTER(スターファイター)機首 XF-104 STARFIGHTER(スターファイター)お尻

製作したのはXF-104の初号機です。初飛行からそんなに時間が経っていない時期のモノを再現してみました。その時期のモノは後部胴体に国籍マークが入り、ナンバーが前部胴体に入ります。ロッキード社の当時のロゴが機首、垂直尾翼に入ります。ランスのような意匠のマークも格好いいのですが、それはこの時期のモノではありません。また、初期の頃は翼も金属地だったようです。撮影時期によってこのXF-104マーキングや細かい塗装、後部エンジンナセルなどが微妙なマイナーチェンジを繰り返します。その辺を調べてると、なかなか面白かったです。

XF&YF-104

同時製作のYF-104と並べてみました。形の違いがわかると思います。量産機(YFは寸法など量産機と変わらない)に見慣れてるとXFはひどく寸胴ですが、これがMig15に対向する為の機体だと言われると納得です。格闘戦闘機じゃないんですよね。燃タン胴体短いのに量産機なみですから妙に大きく感じますね。これも翼端フィンの数、形が違います。

表示切替:スマートフォンスマートフォン | PCPC
▲ ページトップへ