君とボクの虹色の世界 (2006年5月 2日)

あるご縁で観に行くことになった作品。

観に行く前にちょっと女性監督だからなあとか思っていたのだけど、案外、そんなに悪いモノじゃなかった感じです。
チャットをしている黒人の兄弟とか、そのお父さんの同僚と女子高生の関係とかが結構面白く描かれていました。微妙にずれちゃっている人間関係とかね。

予告にあったメタル?ヘッドバンカーズ・オブ・ジャーニー。あれ気になるな?。メタリカのドキュメント映画もあったことだし、これはメタル復興の兆し???

この記事のタグ:

Wrote by ぷー /コメント (0)

コメント

コメント記入欄




保存しますか?



画像の中に見える文字を入力してください。

表示切替:スマートフォンスマートフォン | PCPC
▲ ページトップへ