掃除機 (2005年6月 9日)

こないだの引っ越しの時「音の割に吸引力がない」と先輩に言われ、確かにそろそろ限界じゃないかと思っていた昭和年式の掃除機。それを先月末に最新型サイクロン形式の掃除機に買い換えました。
買った当日、引っ越し後の汚れ掃除も兼ねて使ったところ、さすが新型!通常の3倍の吸引力があります。青く塗って中隊長マークを付けたいくらいです。まだ、ちらかっていないし掃除機をかけるのも楽な手元操作ですから楽しいくらいでした。

で、今回仕事も終わり久しぶりに掃除機をかけていた矢先です。突然活動停止状態に陥りました。原因不明。手元スイッチ用のホース内電線が断絶したのかと疑いましたが、まだ2回目なのにそんな無茶な動きはしていません。本体の主電源のインジケータは点灯しています。無茶なモノも吸っていませんし。
幸い、購入してまだ2週間以内ですので初期不良として交換してくれると思い、掃除途中でヨドバシカメラに向かいました。ちょっとドキドキしながら。
だって、よくあるじゃないですか。店舗に持っていったら動いたとかっていうギャグのような展開が。

幸い、店舗でも無事動かず(?)、ホース内電線が断絶していたわけではなく、本体の不良でした。ですので全品交換とはならず、本体交換のみでしたので保証書は購入時のままでした。
店員さんが言ってましたよ。「いや、初期不良を早めに持ってきていただければ交換にも応じれるんですけどね、お客さんのような方は助かります。」って。良くいるって事だな、だいぶ経って「初期不良じゃないか!」っていうプチクレーマーが。

電化製品の初期不良はこれで2度目です。前は富士通のパソ。モニタに画像が出てこないという初期不良。これは全品交換でした。
あ、その前のNECの98、画像がゆがむという初期不良でしたが、たたくと直りました。1993年当初はそんなアナログなPCでしたとさ。

この記事のタグ:

Wrote by ぷー /コメント (0)

コメント

コメント記入欄




保存しますか?



画像の中に見える文字を入力してください。

表示切替:スマートフォンスマートフォン | PCPC
▲ ページトップへ